経営理念

経営理念と経営目標

経営理念

社会の進歩・発展につながる価値あるサービスを提供し、従業員の幸福を追求する

経営目標

スローガン:全員営業でダッシュ30(年間売上30億円)

2020年11月7日制定

行動指針
グローバルで考え、ローカルに行動
知恵を絞り、新しい事にチャレンジする

お客さまはグロ−バルでビジネスを行っている。
我々も常に、世界の動きにアンテナを張って情報を収集し、戦略・戦術を考えてビジネスを展開する。

顧客のニーズを常に意識し、顧客満足を増大し、IPDファンを増やしていく。

常に売上増、利益増につながるように、改善を考えて提案し、競争に勝ち残る。

変化をしていくことが生き残る為には必要、全員で新しいことにチャレンジしていく、何事にもポジティブ志向!

17期重点活動項目

梱包サービス ・個人個人のスキルアップ。
・皆が自発的、積極的に動き、助け合う職場つくり。
・指示が無くても作業に取り掛かれ、効率的でスピーディーにこなせる職場にしていく
通関・保税サービス ・今期通関目標件数100件/月
・コンプライアンスに従って適正な申告を継続する
・お客様に信頼(任せて安心)される会社にする
・各グループとの繋がりを強化し、迅速且つ適格に仕事を遂行する
営業サービス ・既存顧客の状況把握で解約防止
・お客様目線でサービスの提案
・新規顧客の開拓(見積もり対応は迅速に行う)
ロジスティクスサービス ・出庫部材品質不良ゼロ
・在庫差異件数の削減
・作業のスピードアップ及び正確なデータ入力
・お預かり製品の適切な保管
・倉庫内の整理整頓
輸送グループ ・IPDの顔である事を常に心がけ、報連相を徹底する
・お客様の商品を目的地まで安全、確実に配達する
・貨物事故ゼロ、車両事故ゼロ
総務・経理サービス ・お客様・他部門の依頼には迅速に対応する
・電話は1コールを心がけ、電話口の方を待たせない

社内改善活動

1.目的 ・日々問題意識をもって、仕事を分析し、改善を提案し、明るく活力のある会社にする
2.目標 ・改善内容のレベルは問わない、他部門への提案でもよい、すべての社員が改善に取り組むことを目標とする。
・東洋大学のように1秒を全員で縮め、青学大のように明るく、自ら考え、知恵を絞って、自主的な職場となっていく。
3.提案の視点 ・整理整頓を気持ち良く進める改善・使用している材料について他に安いメーカーはないかどうか
・使っている機械・工具の性能の良いモノはないかどうか
・仕事のやり方にムダはないか
・運搬距離のムダはないか、二度、三度保管の為に移動をしていないか
・作業、業務をシステム化できないか
・より早く、より正確に業務を進める
【方法】
・表示方法を見直し、クレームを未然に防ぐ方法
・作業を安全に行う方法
4.提案方法 ・「改善提案書」に必要事項を記入し、上長の承認のうえ、総務課へ提出
・社長、総務にて内容を吟味し、採用・不採用を決定し、上長を通じて回答する
5.表彰 ・3ヶ月に一度、取締役会で改善提案内容を審査し、表彰をする
・原則表彰月は、1月・4月・7月・10月とする
・表彰対象は改善の内容により、職場全体、グループ、個人となる
・表彰例)優秀賞、努力賞、コスト賞
PAGE TOP