IPDロジスティクス株式会社よりお知らせ(4月号)

春光うららかな季節を迎え、ここ長野県東御市にも桜の便りがすぐそこ
まで近づいてまいりました。
皆様、お元気でお過ごしでしょうか?
依然として新型コロナウイルスの報道が続いており、世界保健機関(WHO)
もパンデミック=世界的大流行であると表明しました。先の見えない状
況ではございますが、新型コロナウイルスに関わらず感染症の予防には、
手洗い・うがいをこまめにおこない、外出時にはマスクを着用するなど
感染予防に努めて、健康を維持してまいりましょう。

さて、弊社からのお知らせとしまして、昨年暮れに大川北第一倉庫が完成
し、多くのお客様からお問合せをいただきましたこと、また、複数の新聞
社や地元ケーブルテレビ局などでも取り上げていただきましたことに厚く
御礼申し上げます。
近年の米中貿易摩擦の影響や現在世界的脅威であります新型コロナウイル
ス、いまだ被写体を発射している北朝鮮の存在など、環境が著しく変化を
している中で、多くの企業様におかれましても対応に苦慮されていること
と思います。弊社にとりましても非常に厳しい状況下ではございますが、
既存・新規を問わずお客様からお問合せやご依頼を頂戴し、信頼をお寄せ
いただいておりますことに感謝申し上げるとともに、皆様のご期待やご要
望に沿えますよう日々精進を重ね、これからもチャレンジし続けてまいり
ますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

現在業務拡大中につき、一緒に働いてくださる従業員を募集しています。
物流業界は他の業種と比較すると裏方のイメージではありますが、人々の
生活に必要なモノを運んだり保管したりといったことから、現在はロジス
ティクス(情報(データ)を的確に管理しながら必要なモノを必要な時に
必要な場所へ必要な量だけ供給する仕組み)で企業活動を下支えするとい
った側面もあり、重要な社会インフラの一つでもあります。
社会の役に立っている実感を通じ、社員一人一人が誇りややりがいを持っ
て真摯に仕事に取り組んでいますので、弊社の業務に関心のおありになる
方はぜひお問い合わせくださいませ。

ここからは、“通関士コラム”をお届けします。
前回は、木材こん包材の規制(ISPM 15)や熱処理施設についてご紹介を
しました。今回は、環境にやさしく力持ちのダンボール製パレットと強化
ダンボールを用いた輸出梱包についてご紹介したいと思います。

品物がそれほど大きいものではない場合や、軽い場合、また輸送費を抑え
たいといった場合など、お客様のご要望をお聞きする中で、ダンボール製
パレットと強化ダンボールを用いた梱包をご提案させていただくことも数
多くあります。強化ダンボールとは一般ダンボールよりも耐圧強度を持つ
複層ダンボールのことです。木材における輸出規制も強化ダンボールであ
れば非木材扱いのため、規制を受けず素早い対応が可能です。

強化ダンボールの利点は何といってもその軽さです。梱包箱そのものが軽
いということは、輸送費の削減につながります。また、間接的ではありま
すが、輸送燃料の削減にもなり、CO2排出量も減り、環境への影響も少
なくなります。また、梱包にかかる時間短縮や到着した後の開梱のしやす
さなどもお客様にとってメリットとなります。梱包使用後は資源ごみとし
て廃棄できるため、他の紙製品へのリサイクル化も利点に挙げられます。
地球環境にやさしく、循環型社会に最適な包装材ですね!

逆にデメリットもあります。それは面で支える強度に関しては問題ありま
せんが、点で突かれると穴が開いたり破損したりといった事です。
荷扱いが比較的良い国内では心配いりませんが、海外となるとどのような
荷扱いをされるか分かりません。

このようなお話をさせていただきながら、お客様のご要望に合わせて最適
な梱包をご提案・ご提供していますので、梱包についてご質問などござい
ましたらお気軽にお問合せください。
次回もどうぞお楽しみに…♪

~最後にひとこと~
城郭考古学者・千田嘉博先生の講演(テーマ:上田城と真田丸)を楽しみに
していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講演が中止と
なってしまいました。2016年の大河ドラマ「真田丸」の真田丸城郭考証者
であり、いくつかの出演番組でもとても分かりやすくお話をしてくださる
先生ですので、楽しいトークに期待を寄せていたのですが…。
方々でイベント等が自粛され、予定通りにいかないことも多くなっていま
すが、自らの健康が第一ですので、しっかり予防に努めたいと思います。

関連記事一覧

  1. ロータリーストッカー
PAGE TOP