IPDロジスティクス株式会社よりお知らせ(11月号)

木々の葉も見事に色付く季節となってまいりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

ゆっくり秋の夜長を楽しみたいという思いとは裏腹に、連日のように
米国の大統領選挙のニュースが報道されています。いよいよ投票日が
明日(11月3日)に迫っていますが、9月から少しずつ期日前投票
がおこなわれており、バイデン氏が優勢という見方が多い一方で、
まだまだ結果は分からないという見方もあります。
そしてこの選挙結果が世界や私たちのいる日本にどのような影響を及
ぼすのか、日本はどのような姿勢を取っていくのか、選挙が終わった
あともしばらく目が離せなくなりそうですね。

今年も残すところあと2か月ですが、引き続き新型コロナウイルス
感染症対策を継続し、寒い季節に万全の備えをしてまいりましょう。

さて、弊社からのお知らせとしまして、佐久市長土呂140-1 に建設中
の佐久営業所の建物が建ち始めました! 実際に建物がそびえたって
いる姿を目にしますと、次はどこまで進むのかな、内部はどうなって
いくのかな…などと気になってしまいますね。
ホームページのお知らせ欄では、工事の様子が分かる写真を掲載して
いますので、ぜひご覧になってみてください。

  http://www.ipd-logistics.co.jp/2020/10/22/20201022/

倉庫や物流に関するご相談などございましたら、どうぞお気軽に
お問合せくださいませ。

現在、東御市滋野乙1387-6 にあります東御第三営業所(通称A・B
倉庫)の改修工事をおこなっています。屋根や外壁、床、窓、換気扉、
シャッター、トイレなどの改修を経まして、来年2月には新築同様に
リニューアルする予定です。
特に屋根に関しては、二重折板施工の断熱入りサンドイッチ構造です
ので、日差しの焼け焦げによる温度上昇を抑える効果が高まります。
また、外壁についても断熱性能を高める工事をしています。
暑い夏でも寒い冬でも温度変化を最小限に抑えて頼もしい限りですね!

A倉庫面積340坪、B倉庫面積120坪(合計600坪)の倉庫品質が向上し、
省エネ対策も施され、取り扱われる品物はもちろんのこと、ご利用
されるすべての方々が気持ちよく、安全に、入退場していただける
ものと思います。もうしばらくお時間をいただきますが、どうぞ
お楽しみになさってください。

ここからは、“通関士コラム”をお届けします。
前回は保税運送をご紹介しました。
今回は貨物が航空機や船舶に積まれて輸出される様子をご紹介します。

輸出許可が下りました貨物は、航空機で輸出する場合は、空港の保税
地域にて他の貨物と一緒にULD(= Unit Load Device/ 箱型のコン
テナまたは板状のパレット)に積み付けられ、航空機へと搭載されて
いきます。空港のスカイデッキや搭乗口などで、航空機へ向かって運
搬されていくULDの姿を見たことがある方もいらっしゃると思いま
すが、けん引車両で最大6個までULDを連結・運搬されていく様子
は見ていて楽しいですね。

また、船舶で輸出する場合は、港湾の保税地域または当社が保有する
ような各地の保税蔵置場等にてコンテナに積み込み(=バンニング)
され、ガントリークレーン(岸壁に設置されているコンテナクレーン)
で船に積載されていきます。このクレーンは海のキリンとも呼ばれ、
昼間の姿もさることながら夜の姿は港湾地帯を照らすライトによって
さらに綺麗に見えますので、こちらもまた壮観ですね。

実際には貨物が航空機や船舶に積み込まれるまでの間にさらに細分化
された工程を経ていきますが、いずれの場合も、たくさんの人や機械
設備等を介して安全に次の目的地へ向けて出発していきます。

空港や港付近を訪れる機会がございましたら、貨物が運搬されたり
積載される様子をぜひチェックしてみてください。

次回は今年最後のコラムとなります。
どうぞお楽しみに…♪

~最後にひとこと~
「秋と言えば…」というフレーズをよく聞きますが、真っ先に何を
思い浮かべますでしょうか。食欲、読書、芸術、スポーツ、紅葉…
などでしょうか。私は食いしん坊ですので、やはり食欲を真っ先に
思い浮かべます!(秋に限らずどの季節でも、おいしい食べ物を
思い浮かべてしまうのですが…。^^;)
「秋と言えばランキング」では、“食欲”が堂々の1位なのだそう
です。そして、「秋で思い出す食べ物ランキング」では、どの年代
でも“さんま”が1位なんだとか…。今にも焼いたさんまの香りが
してきそうです(笑)。

関連記事一覧

  1. IPDロジスティクス株式会社大川北倉庫全景写真
PAGE TOP